この項目のトップへ戻る

専門教育科目(臨床講座) 歯科保存学講座

研究概要

研究は、歯科の二大疾患である齲蝕や歯周病に罹患した歯を如何にして口腔内に長く保存し、しかも快適に機能を持続させるかということに対して基礎的、臨床的な面からアプローチしている。

齲蝕は、早期発見ができれば再石灰化療法、あるいは僅かな歯質の削除で容易に修復処置が行えるが、進行して歯髄疾患あるいは根尖歯周組織疾患を併発するまでに至ると、歯髄・根管処置の必要性が出てくる。そのために、修復材料では歯質に対する接着性および審美性が重要視されてきている。歯髄・根管処置では術式の安全性と効果的なものへと改良を図りその成功率を高めていきたいと考えている。

成人の歯の喪失原因の過半数を占める歯周病は、その病因としてプラーク中の細菌感染と、それに対する宿主の炎症、免疫応答、さらに喫煙、ストレス等の環境因子が加わった感染症であり、かつ生活習慣病である。近年、糖尿病や心臓血液疾患などの全身疾患との関連性が解明されてきており注目されている。よって歯周病自体の病因解明、治療法の改良とともに、全身との関連性も研究している。

超高齢社会における平均寿命と健康寿命を一致させ、生涯快適な食生活を送るためには、「歯周病」治療は勿論のこと、「齲蝕」をはじめとする口腔内全体の治療、ケアが必須であり、以下の研究を行い国民の健康増進に寄与する。

・根管の清掃拡大法の改良
・根管洗浄液と洗浄方法の改良
・根管消毒法と根管充填法の改良
・仮着用セメントの除去操作に関する基礎的研究
・歯周組織再生療法の臨床的評価、新術式の開発
・全身疾患と歯周病の関連に関する疫学研究
・高齢者に対する低侵襲性歯周病治療の開発
・歯周病と心臓血管疾患の関連に関する実験的研究
・歯周病患者における細菌検査・抗菌療法の確立

教育活動

講義は、第3学年前後期を通じて保存修復学を、第3学年後期から第4学年前期にかけて歯周病学および歯内療法学を実施している。

座学で修得した学理と知識を臨床応用できるようにするために、模型を使用した基礎実習を歯周病学、保存修復学を第4学年前期、および歯内療法学をそれぞれ第4学年後期に実施している。

保存修復、歯内療法領域では検査・診断、治療計画の立案、窩洞形成のシミュレーション実習、マイクロスコープの使用方法、相互診療での齲蝕治療および教授試問を実施している。第5学年では診療参加型臨床実習として、歯周病領域では、歯周組織検査・診断、治療計画の立案、プラークコントロール、スケーリング、ルートプレーニング、歯周外科介補、診療補助を実施している。

第6学年では、歯科医師国家試験へ向けて、これまでの総復習と臨床症例を中心とした総合講義を実施している。

沿革

大学創立時には歯科保存学第1講座と歯科保存学第2講座とが開設された。

第1講座は初代服部玄門教授を中心に歯周病学と歯内療法学を担当されていた。一方、第2講座は開設当初は教授が不在であったが、1972年10月に赴任された安田英一助教授が1974年3月に教授に昇任され、保存修復学を担当して本格的な活動が始められた。

1976年6月に第1講座服部教授が退職され、第2講座のみで歯周病学、歯内療法学、および保存修復学の歯科保存学の3教科すべてを担当するという事態となり、教育、研究そして診療と、全講座員が多忙な時期を過ごした。特に1期生の国家試験受験に対しては当時の医局員の先生方の多大な努力によって乗り越えることができ、その頃の教育に邁進した姿勢は講座の信条として今日に引き継がれている。

1977年4月に第1講座には太田紀雄教授が二代目教授として着任され、歯周病学を担当された。全国では9番目の歯周治療学の専門講座ということで新たにスタートした。

第1講座では1997年6月に音琴淳一講師が助教授に昇格された。2006年3月太田教授が定年で退官された。2006年12月に三代目教授として吉成伸夫教授が着任された。同時に、音琴淳一助教授は教育学習支援センター教授に昇任された。

第2講座では1994年4月に笠原悦男助教授が教授に昇任され、安田英一教授と二人体制となり、安田教授が保存修復学を、笠原悦男教授が歯内療法学を専門とされた。

2001年3月には安田教授が退職され、笠原教授が教授を引き継がれた。2003年4月に山本昭夫助教授が教授に昇任し、保存修復学を担当して再び二人体制となった。2014年3月に笠原教授が定年で退官された。

2014年4月には、さらなる教育、診療の充実と効率化を目的として両講座が統合し、歯科保存学講座と改称した。

現在の歯内療法学の教育に関しては、石原裕一教授が2015年1月に着任され、継続して講義を受け持っている。

現在は、山本教授、吉成教授、石原教授、安西准教授、森講師以下助教4名、助手8名によって構成されている。

専門医・認定医・指導医等有資格者

日本歯科保存学会専門医・指導医:笠原 悦男、山本 昭夫、吉成 伸夫
日本歯科保存学会専門医:安西 正明
日本歯科保存学会認定医:海瀬 聖仁、窪川 恵太、三木 学
日本歯周病学会専門医・指導医:吉成 伸夫、石原 裕一、窪川 恵太
日本歯周病学会認定医:海瀬 聖仁、三木 学 
日本レーザー歯科学会専門医・指導医:吉成 伸夫
日本老年歯科医学会専門医・指導医:吉成 伸夫
日本顕微鏡歯科学会認定指導医:山本 昭夫