この項目のトップへ戻る

歯科保存学講座

教育概要

講義の担当は、保存修復学(第3学年前~後期)、歯周病学(第3学年後期~第4学年前期)、および歯内療法学(第3学年後期~第4学年前期)である。

また、講義で修得した学理と知識をより深いものにし、また第5学年での診療参加型臨床実習において実践するための技能や態度の修得を目的として、第4学年前期には保存修復学、歯周病学で、第4学年後期には歯内療法学で模型を用いた基礎実習・相互実習を実施している。

第5学年の保存修復、歯内療法領域における診療参加型臨床実習では歯の硬組織疾患や歯髄疾患、根尖性歯周疾患の検査・診断、治療計画の立案、修復のシミュレーション、歯の硬組織疾患の治療、マイクロスコープの使用方法などの修得を目的とした教育を行っている。歯周病領域における診療参加型臨床実習では、歯周組織検査・診断、治療計画の立案、プラークコントロール、スケーリング、ルートプレーニング、歯周外科介補、診療補助を実践している。

第6学年では歯科医師国家試験を見据え、これまでの総復習と臨床推論能力の向上を目指した教育を実践している。

研究概要

8020運動の推進が開始された平成元年(1989年)当時、その達成率はわずか7%にすぎなかったが、30年経過した現在では50%以上の達成率となった。この背景には、歯科接着技法や接着・審美材料の進歩が可能にした最小限の侵襲による齲蝕治療(Minimal Intervention)の普及、マイクロスコープやコーンビームCTなどを用いた診断を踏まえた歯髄・根管処置、再生療法をはじめとする歯周治療の技術向上が大きな要因となっている。歯科保存学講座では歯科の二大疾患である「齲蝕」や「歯周病」に罹患した歯を如何にして口腔内に長く保存し、しかも快適に機能を持続させるかということに対して基礎、臨床の多方面から研究活動を行っている。

成人の歯の喪失原因の過半数を占める歯周病は、その病因としてプラーク中の細菌感染と、それに対する宿主の炎症、免疫応答、さらに喫煙、ストレス等の環境因子が加わった感染症であり、かつ生活習慣病である。近年、糖尿病や心臓血液疾患などの全身疾患との関連性が解明されてきており注目されている。よって歯周病自体の病因解明、治療法の改良とともに、全身との関連性も研究している。

超高齢社会における平均寿命と健康寿命を一致させ、生涯快適な食生活を送るためには、「歯周病」治療は勿論のこと、「齲蝕」をはじめとする口腔内全体の治療、ケアが必須であり、以下の研究を行い国民の健康増進に寄与する。

・歯質と修復材料との接着メカニズムおよびその長期耐久性に関する研究
・歯科用接着材料の接着・重合阻害因子への対応
・各種歯科用修復材料および歯質の表面性状分析および色彩学的検討
・歯科診療に適した医療用照明の開発
・レーザーの歯科臨床への応用
・ホワイトニングによる歯質・修復材料の構造変化
・歯や修復物に対するメカニカルストレスへの対策に関する研究
・根管の清掃拡大法の改良
・根管洗浄液と洗浄方法の改良
・根管消毒法と根管充填法の改良
・仮着用セメントの除去操作に関する基礎的研究
・歯周組織再生療法の臨床的評価、新術式の開発
・全身疾患と歯周病の関連に関する疫学研究
・高齢者に対する低侵襲性歯周病治療の開発
・歯周病と心臓血管疾患の関連に関する実験的研究
・歯周病患者における細菌検査・抗菌療法の確立

沿革

大学創立時には歯科保存学第1講座と歯科保存学第2講座とが開設された。

【旧第1講座】
東京歯科大学から着任した初代・服部玄門教授が中心となり、歯周病学と歯内療法学を担当した。

1977年4月、第1講座に二代目の太田紀雄教授が愛知学院大学から着任し、歯周病学の担当となった。これにより、全国で9番目の歯周治療学専門講座が新たにスタートした。その後、1997年6月に音琴淳一講師が第1講座の助教授に昇格された。2006年3月の太田教授定年退官後、2006年12月に愛知学院大学歯学部の吉成伸夫講師が三代目の教授に就任した。同時に、音琴淳一助教授が教育学習支援センターの教授に就任した。

【旧第2講座】
1972年4月の講座開設当初は教授が不在であったが、同年10月に東京医科歯科大学から安田英一助教授が着任、保存修復学を担当した。1974年3月に教授に就任し、本格的な活動が始まった。

1976年6月、第1講座の服部教授が退職した後は、一時的に第2講座のみで歯周病学、歯内療法学、保存修復学の歯科保存学3教科すべてを担当することとなり、教育・研究・臨床に全講座員が多忙な時期を過ごした。特に1期生の国家試験受験に対しては当時の医局員の先生方の多大な努力によって乗り越えることができ、その頃の教育に邁進した姿勢は講座の信条として今日に引き継がれている。

その後、1994年4月に笠原悦男助教授が教授に就任し、安田英一教授と二人体制となったことから、安田教授は保存修復学を、笠原教授は歯内療法学をそれぞれ担当した。

2001年3月の安田教授退職後、一時は笠原教授が保存修復学も兼務していたが、2003年4月に山本昭夫助教授が教授に昇任、保存修復学を担当することとなった。笠原教授は2014年3月の定年をもって退官した(現・松本歯科大学衛生学院長)。

【講座統合後】
2014年4月
さらなる教育、研究の充実と効率化を目的として第1講座と第2講座が統合し、歯科保存学講座と改称した。
2015年1月
愛知学院大学から石原裕一准教授が歯内療法学担当の教授に就任した(2019年3月退職)。
2015年4月
元岩手医科大学歯学部歯周病学講座教授の國松和司先生が特任教授として就任した。
2017年4月
山本昭夫教授が総合口腔診療部門(保存科)科長に就任した。
2018年12月
安西正明准教授が総合口腔診療部門(保存科)教授に就任した。
2019年4月
東京歯科大学から亀山敦史准教授が、同年9月には明海大学から増田宜子准教授が教授に就任した。

現在では、歯科保存学の診療・臨床教育部門を山本昭夫教授が保存科科長として指揮をとり、学部の教育、研究部門は吉成教授が講座主任をつとめ、亀山教授が保存修復学、増田教授が歯内療法学、吉成教授が歯周病学を専門として担当している。

スタッフ紹介

教 授:吉成伸夫
・日本歯科保存学会 専門医・指導医
・日本歯周病学会 専門医・指導医
・日本レーザー歯学会 専門医・指導医
・日本老年歯科医学会 専門医・指導医
教 授:亀山敦史
 ・日本歯科保存学会 専門医・指導医
 ・日本レーザー歯学会 専門医・指導医
 ・日本接着歯学会 認定医
 ・日本歯科東洋医学会 専門医
 ・日本歯科理工学会 Dental Materials Senior Advisor(審美歯科器材)
 ・日本口臭学会 専門医・指導医
 ・日本総合歯科学会 認定医
教 授:増田宜子
 ・日本歯科保存学会 専門医・指導医
 ・日本歯内療法学会 専門医・指導医
 ・日本レーザー歯学会 専門医
准教授:森 啓
・日本口腔診断学会 認定医・指導医
助 教:小町谷美帆
 ・日本補綴歯科学会 専門医
助 教:石田直之
 ・日本歯周病学会 認定医
助 教:岩﨑由紀子
・日本歯科保存学会 認定医
・日本歯周病学会 認定医
助 教:尾﨑友輝
助 教:中村 卓
助 教:小松佐保
助 教:内川竜太朗
助 手:甲田訓子
助 手:石岡康明
助 手:三好弥恵
助 手:佐故竜介
助 手:中村圭吾
助 手:宮國 茜
助 手:岩﨑拓也
助 手:奥瀬稔之
助 手:田井康寛
助 手:朝倉莉紗
助 手:水谷隆一