この項目のトップへ戻る

衛生学院の概要

松本歯科大学衛生学院の特色
●歯科大学併設校ならではの学びの環境
 ・歯科衛生士として実務経験のある専任教員のほか、大学教員や医療スタッフが授業を担当しています。
 ・大学病院、図書館、体育施設、学生食堂等、大学施設を共用しています。
●確実な資格取得と就職実績
 ・毎年、全国平均を上回る国家試験合格率となっています。
 ・毎年、学生数を大きく上回る求人が寄せられています。
●大学生との交流
 ・大学歯学部のクラブ活動に参加でき、他校の学生との交流も可能です。
 ・大学祭は、衛生学院生も参加し開催されます。

沿革等

1 学校名
 松本歯科大学衛生学院

2 所在地
 長野県塩尻市広丘郷原1780

3 沿革
 1976年2月 歯科衛生士養成所に指定(厚生省)
 1976年4月 歯科衛生士養成所開所
 1977年3月 私立専修学校松本歯科大学衛生学院設置認可(文部省)
 1977年4月 私立専修学校松本歯科大学衛生学院開校
 1977年4月 歯科技工士科増設、歯科技工士養成所に指定(厚生省)
 1981年4月 歯科技工専修科増設
 2006年3月 歯科技工士科閉科
 2010年4月 歯科衛生士科が3年制課程に移行、学科名を歯科衛生士学科とする
 2017年2月 職業実践専門課程の認定を受ける

4 学科の構成
 歯科衛生士学科

5 学生数及び職員数(2021年5月1日現在)
 ①学生数
  ・入学定員 38人
  ・収容定員 114人
  ・在学生数 88人(1年 30人、2年 32人、3年 26人)
 ②職員数
  ・専任教員  4人
  ・非常勤講師 73人
  ・事務職員  1人

6 施設の概要
 ・普通教室4室、実習室3室、職員室1室

7 設置目的
 松本歯科大学衛生学院は、歯科衛生士に必要な知識と技術を教授するとともに、豊かな人格を養い、社会に貢献できる有能な人材を育成することを目的とする。
(松本歯科大学衛生学院学則第1条)