この項目のトップへ戻る

衛生学院の概要

松本歯科大学衛生学院の特色
● 歯学部教員による徹底した少人数教育
● 最高水準の機器やシステムを活用して行われる実践教育
● 本学病院・心身障害者施設等での豊富な臨地実習
● 歯学部と合同で行われるクラブ活動や学園祭
● 歯科衛生士国家試験合格率100%
● 学生数を大きく上回る求人数
● 医療事務(歯科)、介護職員初任者研修の資格取得も可能

沿革

(1)学校名
松本歯科大学衛生学院

(2)所在地
長野県塩尻市広丘郷原1780

(3)沿革
1976年2月 歯科衛生士養成所に指定(厚生省)
1976年4月 歯科衛生士養成所開所
1977年3月 私立専修学校松本歯科大学衛生学院設置認可(文部省)
1977年4月 私立専修学校松本歯科大学衛生学院開校
1977年4月 歯科技工士科増設、歯科技工士養成所に指定(厚生省)
1981年4月 歯科技工専修科増設
2006年3月 歯科技工士科閉科
2010年4月 歯科衛生士科が3年制課程に移行、学科名を歯科衛生士学科とする
2017年2月 職業実践専門課程の認定を受ける

(4)学科の構成
歯科衛生士学科

(5)学生数及び職員数(2020年5月1日現在)

(6)施設の概要
普通教室4室、実習室3室、職員室1室

設置目的
松本歯科大学衛生学院は、歯科衛生士に必要な知識と技術を教授するとともに、豊かな人格を養い、社会に貢献できる有能な人材を育成することを目的とする。(松本歯科大学衛生学院学則第1条)