この項目のトップへ戻る

病院長メッセージ

医療・介護需要の高い高齢者急増と、それを支える現役世代の急減という大きな変遷の中で、歯科医師の役割やプロフェッショナルとして社会貢献すべき領域も変化してきています。
歯を削って入れるだけでなく、その先の口腔機能管理から、フレイル対策や介護予防、さらに他疾患への疾病予防、重症化予防にも取り組むチェンジリーダーとしての活躍が求められています。

そのような変化のなかで、松本歯科大学病院は、

1)歯科医学生教育・歯科医師研修と歯科医学に関する臨床研究
2)中核医療・高度医療の提供
3)地域社会貢献
の三大使命を担っています。

2009年より医科診療科を併設し、歯科医科連携医療を推進してこの使命の実現を目指しています。安全と質の高い医療の提供を行い、皆様に安心を提供できる口腔疾患の専門病院ならびに歯科医科連携病院として、職員一同が三大使命を強く堅持し、日々努力してまいります。
皆様のご支援ならびにご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。