この項目のトップへ戻る

教養教育科目 生物学

研究概要

1. 嚥下の誘発や、のどを飲食物が通過する時の感覚のメカニズム:咽頭・喉頭領域にのびる神経におけるTRPチャネルの分布
2. 味覚受容機構:味細胞や口腔内にのびる神経における神経伝達物質や味覚情報伝達に関与する物質の分布

沿革

1972年
本学設立時の初代教授に中山 包(東北大学卒)が就任し、生物学教室が開設された。
中山は遺伝学の立場から育苗学に取り組み多くの成果を上げた。

1978年
第二代教授として川原一祐(信州大学卒)が就任し、実験病理学の立場から血液および農薬毒性に関する研究を手掛け多くの成果を上げた。

2002年
第三代教授に吉澤英樹(富山大学卒)が就任し、下等脊椎動物の体液調節機構に関する研究や舌の形態形成に関する研究を手掛け多くの成果を上げた。

2009年
松浦幸子講師が口腔解剖学第二講座より移籍(兼務)、准教授に昇任し、唾液腺の形態形成に関する研究を手掛け多くの成果を上げた。

2012年
吉澤英樹教授、松浦幸子准教授が退職した。

2013年
吉澤英樹が特任教授に就任した。

2016年
安藤宏が口腔生理学より異動し准教授に就任した。

担当科目

【第1学年 細胞生物学(前期)】
人体を構成する200種類60兆個の細胞に共通する構造を理解し、細胞レベルの生命活動とそれに関わる細胞小器官の機能を学び、細胞生物学と専門教育科目との関連性と、歯科医学を細胞レベル で考える力を身につけることを目標とする。

【第1学年 人体生物学(後期)】
人体の構造と機能を考える礎として、ヒトの個体の生命活動とこれを役割分担する器官・器官系の構造と機能を学び、人体の生命活動の仕組みを洞察する感性を育み、歯科医学を学ぶ礎を築く。

【第2学年 生物学実験(前期)】
マウスの解剖を通して、個体―器官系―器官―組織―細胞 という、解剖学的階層性を実感し、構造と機能の関連を洞察する感性を育む。

スタッフ紹介

准教授:安藤 宏
特任教授:吉澤英樹

教養教育科目