この項目のトップへ戻る

舌下免疫療法について

治療法

「舌下免疫療法」は、アレルギーの原因物質(アレルゲン)を少しずつ体内に吸収させることで、アレルギー反応を弱めていく治療法です。アレルギー症状に対して根本的な体質改善をご希望する方に強くお勧めいたします。ただし治療期間が3~5年と、根気のいる治療になります。スギ花粉症とダニ抗原(ハウスダスト)に対しての治療薬があり、当院でも行っております。診療は、ご希望の日程にあわせて御予約いたしますが、はじめて内服する時だけは、お時間がかかることをご了承ください。その後は副作用などがなければ、診察は短時間で終了いたします。

治療で使う内服薬

方法

① 松本歯科大学病院にお電話していただき、「舌下免疫療法希望」の旨を告げて、ご予約していただきます。その際に、以前にアレルギーの検査をしたことがあるかどうかをお伝えください。
② 初診時、鼻の診察と治療のご説明いたします。その後、アレルギー検査のため採血をしていただきます(以前の検査結果を持参していただいた場合は必要ありません)。結果は1週間後にでます。
③ 検査でスギまたはダニ(HD)の抗体が陽性であった場合は、治療がはじまります。耳鼻咽喉科診察室で、初回の舌下錠を内服していただきます。その後反応をみるために30分間待合で待機していただくとともに、注意事項を説明いたします。
④ とくに副反応がなかった場合は、次回の診察日まで(約1か月後)舌下錠を処方いたします。最初の1週間は少ない薬量、2週目から増量します。
⑤ その後はご自宅で、毎日アレルゲンが配合された治療薬を「舌の下」にしばらく含んでから飲み込んでいただきます。1か月に1回程度、耳鼻科を受診してお薬を処方してもらいます。治療が順調にすすみ問題がないようでしたら、長期投与も可能です。

有効

治療開始後初めてのスギ花粉飛散シーズンから期待できます。うれしいことに3~5年治療をすると、治療終了後も長期にわたり症状をおさえられます。スギ花粉症に対する舌下免疫療法は、スギ花粉が飛散していない6月から11月からの開始がおすすめです。ダニアレルゲンによる通年性のアレルギー性鼻炎は、時期に関係なくいつでも開始できます。
即効性のある日帰りレーザー手術との併用は、全身的な体質改善と局所反応をおさえる事で、さらに効果があります。長年苦しめられている症状からの解放をめざして、舌下免疫療法をはじめてみませんか。