この項目のトップへ戻る

松本歯科大学産学官連携

本学は、産学官連携活動の活性化によるイノベーションの創出や社会貢献を目指し、産学官連携ポリシー及び知的財産ポリシーを制定しました。これらのポリシーに基づき、産学官連携推進室を設置して産学官連携に関わる支援体制を整備しています。
産学官連携推進室は、教育・研究活動基盤の向上を目指した知的創造サイクルの形成・活性化を図ることにより、イノベーションの創出と地域社会への貢献をさらに推進していきたいと考えています。
また、企業との共同研究の推進、歯科医学分野における研究活動の活性化、特許などの知的財産の創出・活用などをこれまで以上に積極的に推進してまいります。
産学官連携推進室の活動に関しまして、今後ともご協力・ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

最新のお知らせ

2017年9月26日(火)

『松本歯科大学臨床ニーズ発表・産学交流会』開催(於:本学図書会館2階学生ホール)
主 催:松本歯科大学、長野県テクノ財団
共 催(予定):信州メディカル産業振興会、長野県中小企業振興センターよろず支援拠点、諏訪圏ものづくり推進機構、塩尻市振興公社、八十二銀行
協 力:東京都、東京都医工連携HUB機構
(詳細は長野県テクノ財団HPをご覧ください。)

2017年7月15日(土)・16日(日)

2017まつもと広域ものづくりフェアに出展(於:松本大学)
出展内容:歯科材料を使った指の模型作成の模擬実演

2017年7月11日(火)

特許査定:PCTアメリカ特許出願No. 14/351,708
「インプラント構造体」
(本学とハイレックスコーポレーションとの共願)(本学の発明者:八上 公利)

産学官連携推進室について

1.窓口(お申込書類の送付先・お問い合わせ先)

学校法人松本歯科大学 産学官連携推進室(総務課内)
住所:〒399-0781 長野県塩尻市広丘郷原1780番地
電話:0263-51-2090
FAX:0263-51-2209
E-mail:info_cscrc@po.mdu.ac.jp

2.目的と役割

3.スタッフ紹介

室長:増田裕次
副室長:八上公利、蓜島弘之
事務担当:杉浦雅之、早川大輔

4.主な活動

[長野県デンタルイノベーション研究会]
本学と塩尻市振興公社の共催で公益財団法人長野県テクノ財団 メディカル産業支援センターが運営する研究会であり、本学を中心とする歯科医療現場のニーズと県内企業の開発シーズの連携による共同開発の機会とビジネスチャンスの創出を目的として開催しています。
[松本歯科大学・塩尻市産学官連携相談室]
塩尻市が出資して設置された一般財団法人塩尻市振興公社のコーディネーターが月1回本学を訪問し、塩尻市内の企業等と本学との産学連携に向けての相談や情報交換を行っています。

研究者紹介

教員の学位・研究業績

産学官連携の実績

産学官連携により製品化され又は製品の要素を構成する本学教員による発明

保有知的財産一覧

産学官連携に関わる諸制度

1.共同研究について

共同研究とは、企業等と本学の教員とが共通の課題について共同・分担して研究する制度です。以下のような手順で行います。

2.受託研究について

受託研究とは、企業等から研究経費等を受け入れて、本学の教員が委託された研究課題について研究を実施し、成果を委託者に報告する制度です。以下のような手順で行います。

3.研究活動に対する寄附について

ご寄附いただく教員を指定される場合は、寄附金申込書の余白に講座と教員名をご明記ください。

産学官連携関連の規程等

配布しているファイルの閲覧に関して

PDF書類の閲覧にはAdobe Reader(無料)をご利用ください。Word、Excel書類の閲覧はMicrosoft Office(有料)をご利用ください。

Adobe Readerのダウンロードサイト 別ウィンドウで表示します

Microsoft Officeのダウンロードサイト 別ウィンドウで表示します