2017

中国河北医科大学の学生が本学病院で臨床実習

病院を見学する河北医科大学生

10月23日(月)から27日(金)まで、本学の姉妹校である中国河北省の河北医科大学より歯科口腔学部5年生の5人(劉 向東、何 治鋒、張 秋琪、王 叙、王 雪純)ならびに引率教員3人(邢 金常、楊 冬茹、李 向軍)が本学病院で臨床実習を行った。本学からは2015年より歯学部第5学年の学生を河北医科大学口腔医院に派遣し臨床実習を行っており、河北医科大学からは今回初めて歯科口腔学部の学生が本学に派遣された。学生たちは「日本の病院は清潔で秩序が保たれ、患者本位の治療はわれわれも学ぶべきことです」などと、自国とは異なる医療現場の感想を語った。

第5学年生が中国河北省で臨床実習

治療内容の説明を受ける学生たち

7月30日(日)~8月5日(土)の5泊7日の日程で、第5学年の島田裟彩さん、千葉大義君、松浦成也君、餅原芳文君、廬 良全君の5人は、中国河北省の臨床実習プログラムに参加した。河北医科大学口腔医院および河北省人民医院にて、病院見学や症例検討会への参加、中国医学生との交流など、将来、世界に羽ばたく歯科医師としておおいに触発される体験となった。参加した餅原くんは「河北省の先生方には多くの患者さんでお忙しいなか、症例の概要をとても丁寧に説明していただき大変勉強になりました。このようなすばらしい研修を組んでいただいた皆さまに感謝し、この経験を今後の臨床実習の糧として、さらに勉学に励んでいきたいと思います」と語った。

韓国歯医学教育評価院一行が来学

一行と大学関係者

財団法人韓国歯医学教育評価院のLee Jae-Il院長(ソウル大学歯医学大学院教授)とKim Kyung-Nyun認証評価委員会委員長(江陵原州大学歯学部教授)が、7月28日(金)に来学し、相互の友好関係を深めた。一行は川原一祐学長、矢ヶ﨑 裕病院統括者、廣瀬國基事務局長をはじめ大学関係者と会談した後、韓国人留学生の案内で学内と大学病院の各種施設をくまなく見学した。Lee院長は「歯医学の分野において日本は常に先進国であり、韓国は日本から多くのことを学んできた。歯医学教育の認証評価という部分においては認証評価機関を持つ韓国に多少の経験があるため、今後ぜひ協力していきたい」と述べ、歯科医学教育の国際的な発展をめざしお互いが協力していくことが約束された。

中国河北省からの専修生が病院研修修了

川原学長と記念撮影をする専修生

5月11日(木)、外国人専修生修了式が本部館学長室会議室にて執り行われ、昨年11月より6カ月の予定で本学病院にて研修を行ってきた4人(程 潔、尉 静、李 小燕、張 江畔)が出席した。修了式で川原一祐学長は「今回の研修では文化や習慣だけでなく、専門領域について多くを研鑽されたと思います。ぜひ本学での経験を祖国で生かしていただき、今後の糧となるよう願っています」と送別の言葉を贈った。

台湾・国立彰化女子高級中学の生徒が来訪

本学を訪れた国立彰化女子高級中学の一行

4月25日(火)、台湾の国立彰化女子高級中学の生徒68人らが、修学旅行の一環として本学を訪れた。大学内を見学し、在籍する留学生と交流を楽しんだ。同高級中学を卒業し今年入学した黄 冠妤さんは「松本歯科大学は、学習するにはとても良い環境。日本で歯科医師の資格を取り、台湾に帰るのが目標です」と挨拶し、後輩たちに近況を伝えた。鄭 曜忠校長は「台湾から貴学に多くの留学が在籍していることは、両国の交流の象徴といえる。生徒たちは日本の大学を見学でき、よい体験になった」と話した。

中国・河北医科大学の翟 海魂党委書記一行が来訪

来学した河北医科大学の翟党委書記(左から3人目)

4月19日(水)、本学の姉妹校である中国・河北医科大学の翟 海魂党委書記一行5人が本学を表敬訪問した。大学到着後、矢ヶ﨑 雅理事長、矢ヶ﨑良子法人本部長と面談し、矢ヶ﨑理事長は、創立者・矢ヶ﨑 康博士が本学を開学するまでに至った経緯および河北医科大学や河北省医療関係者との友好交流の歴史について説明した。翟党委書記は「貴大学が創立するまでの困難な道のりや建学の理念について、歴史を含め理解できました。先人の想いを引き継ぎ、今後も友誼の心を発展させていかなければならないと再認識しました」と話した。

2016

中国河北省より専修生4人が病院研修開始

専修生に歓迎の言葉を述べる川原学長

11月11日(金)、中国河北省より専修生4人が来日し、14日(月)から来年5月まで6ヵ月間の予定で研修をスタートした。14日に執り行われた研修開始式で川原一祐学長は「専門分野の研鑚だけでなく、ぜひこの機会に日本の文化や言語、歴史なども学んでほしい。信州の地で多くのことを吸収し、今後は日中友好の架け橋となってください」と専修生を激励した。

河北医科大学姉妹校30周年記念式典に本学代表団が出席

11月4日(金)、中国河北省にて「松本歯科大学・河北医科大学姉妹校締結30周年記念式典」が挙行され、本学から高橋直之大学院歯学独立研究科長らが代表団として出席した。河北医科大学の崔 慧先学長、段 惠軍副学長をはじめ、本学での研修経験(2001年~02年)のある楊 冬茹口腔医院副院長らから本学が30年にわたって河北省の歯科医療人の人材育成に尽力してきたことに対し感謝の言葉が贈られ、旧交を温めると同時にさらなる友好発展を誓い合った。

歯学部学生が中国河北省で臨床実習

河北医科大学口腔医院にて歯科診療を見学する学生たち

本学が推進するグローバル人材育成の一環として、中国の河北医科大学および河北省人民医院にて、第5学年の亀田明希さん、宋 懿さん、中村直登君、平井辰宜君の4人が8月1日(月)から5日間の日程で臨床研修を行った。多様な症例・術式を体験し見聞を広めた学生たちは、同大学の臨床実習生らとの交流会や若手歯科医師との情報交換会などで親睦を深めた。

外国人専修生が半年間の病院研修を終えて帰国

前列左から段医師、田医師、川原学長、劉医師、閻医師

1月12日(火)より病院研修を行ってきた外国人専修生4人(田 松波、劉 亜非、閻 桂艶、段 程錦)が、6カ月の研修を終えて帰国した。研修最終日の6月30日(木)には修了式が執り行われ、川原一祐学長より修了証が授与された。専修生を代表して田医師は「研修を通して日本の教学システムや大学病院の施設・設備、医療システムなど最先端の事柄を学ぶことができました。このような機会を与えていただき感謝しております」と述べた。

矢ヶ﨑 雅理事長らが中華民国総統就任式典に出席

5月20日(金)、中華民国第14代総統に就任した蔡 英文氏の就任式典が台北で開催された。日本側代表団として、国会議員15人と民間6団体からなる代表団の一員に本学選ばれ、矢ヶ﨑 雅理事長と飯島 勲常務理事が出席した。式典終了後、矢ヶ﨑理事長らは総統府を表敬訪問し、蔡新総統と面談した。

宇田川信之学長補佐が米国・UCLA歯学部を訪問

左から宇田川学長補佐、Park歯学部長、Kim准教授

2月23日(火)から2日間、対外交流の一環として宇田川信之学長補佐がカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の歯学部を訪問した。宇田川学長補佐は、UCLA歯学部長のNo-Hee Park教授と日米の歯学教育状況について情報交換を行い、Reuben Kim准教授から学生教育および大学院における研究活動についてレクチャーを受けた。また研究室や病院も視察し交流を深めた。

外国人専修生が本学病院で研修開始

山田一尋歯科病院長の診療を見学する外国人専修生

1月7日(木)、中国河北省の病院から口腔医師(歯科医師)4人が外国人専修生として来学し、12日(火)から6ヵ月間の予定で研修をスタートした。矯正歯科や口腔診療部において日本の先進医療に触れ技能に磨きをかける。

2015

JENESYS 2015アジア大洋州青少年団一行が来学

12月7日(月)、日本政府が進めるJENESYS 2015「21世紀東アジア青少年大交流計画」の一環として、フィジー、キリバス、ソロモン諸島、トンガの青少年23人ら一行が本学を訪問。学内見学、実習体験を通して歯科医療への理解を深め、本学学生とも和やかに交流した。

中国河北医科大学一行が本学を表敬訪問

授業を見学する崔学長(左から2人目)

12月2日(水)、中国河北医科大学の崔 慧先学長ら一行が本学を表敬訪問した。崔学長らは今後の交流発展について矢ヶ﨑理事長や川原学長らと意見交換を行った。

中国山西医科大学一行が本学を表敬訪問

一行と本学関係者

11月17日(火)、中国山西医科大学の段 志光学長ら一行が本学を表敬訪問した。段学長らはさらなる互恵関係をめざして本学役員と意見交換を行った。

中国河北省の病院で歯学部学生が臨床研修

研修先で抜歯手術を見学する学生たち

8月3日(月)から7日(金)の5日間、中国河北医科大学口腔医院と河北省人民医院において第5学年の植田三惠さん、加藤直樹君、田村瞬至君、日置崇史君、慮 玫蓁さんの5人が臨床研修を行った。研修後は中国歯学部の学生たちと交流会を開いてお互いの歯科事情について意見交換行った。

台湾亜東関係協会の李会長が本学を表敬訪問

留学生と記念撮影する李会長(中央)

6月11日(木)、台湾の立法委員(国会議員)で対日窓口機関である亜東関係協会の李 嘉進会長ら一行が本学を表敬訪問した。李会長らは本学役員と懇談し、台湾からの留学生を激励した。

中国同済大学附属第十人民医院と友好姉妹病院協定書に再調印

矢ヶ﨑理事長(右)と秦院長

6月8日(月)、中国同済大学附属第十人民医院の秦 環龍院長ら一行が来日。東京都内にて矢ヶ﨑理事長・病院長と会見し、友好姉妹病院協定書の再調印を行った。