この項目のトップへ戻る

安全な生活を送るために –交通安全講習会-

安全な生活を送るために –交通安全講習会-

4月18日(水)、塩尻警察署の渡澤竜一交通課長、齋藤俊博生活安全課長、伊藤康弘警備課主任の3人の署員の方による交通安全と生活および防犯等に係る講習会が、本館7階講堂において開催された。
横断歩道の事故防止「横断歩道では必ず止まって歩行者保護を!」、ストーカー行為「一人で悩まず、早めの相談を」、地震・自然災害「日ごろの備え、大丈夫?」をテーマとして話された内容に、歯学部・衛生学院の学生約450人が真剣に耳を傾けていた。
学生たちは、日々の安全な生活を送るためのさまざまな注意点を再確認し、講習会終了後は学生一人ひとりに講習終了証が手渡された。