この項目のトップへ戻る

中国河北省の病院で臨床実習プログラムを実施

本学が推進するグローバル人材育成の一環として、昨年に引き続き、中国河北省河北医科大学口腔医院および河北省人民医院にて、8月1日から5日の日程で、学生の臨床研修が行われた。参加したのは5年生の亀田明希さん、宋懿さん、中村直登君、平井辰宜君の4人。病院各科を見学して多様な症例や術式を学び、学生同士の懇親会や中国文化に触れる機会にも恵まれ、充実した国際交流となった。
今回の研修を通じ、多角的な視野を持つことの重要性について理解し、将来、国際的に活躍することを期待したい。
(歯科補綴学講座 教授 中本哲自)

河北医科大学口腔医院前にて

李 向軍(リ シャンジュン)先生の口腔外科治療を見学

患者で溢れる河北医科大学口腔医院の診療室

臨床研修に参加した学生たち(前列4人)