この項目のトップへ戻る

大学病院に摂食機能リハビリセンターを開設

6月1日(水)、松本歯科大学病院内に「摂食機能リハビリセンター」が開設され、記者発表が行われた。
記者発表には、川原一祐学長、長谷川博雅歯学部長、蓜島弘之摂食機能リハビリセンター長、前島信也副病院長(医科)が出席し、開設の背景・目的・概要等を報道陣に説明した。
病気や加齢などで食べ物をうまく飲み込めない摂食嚥下障害の患者に対し、エックス線動画撮影装置や嚥下内視鏡などで精密検査を行い、リハビリや食事指導をする。
蓜島センター長は「誤嚥性肺炎で亡くなる高齢者は多い。摂食機能を改善することで食べる喜びを維持できればQOL(生活の質)も高められ、センターが果たす役割は大きい」と話した。専門医や学生らの人材育成にも取り組み、同障害に対する県内の中核施設をめざす。

記者発表で挨拶する川原学長

概要を説明する蓜島センター長

センター内の機器について説明

報道陣の取材を受ける蓜島センター長