この項目のトップへ戻る

松本歯科大学・衛生学院 入学式

2015年度松本歯科大学歯学部、大学院歯学独立研究科および衛生学院の入学式が4月9日(木)、本館7階講堂において挙行された。入学したのは角帽とガウンに身を包まれた歯学部生107人(第1学年96人、第2学年編入11人)と大学院生8人、スーツ姿の衛生学院生31人の総勢146人。歯学部新入生を代表して 渡邊 遊理(ゆうり)君が「歯科医師の理想を目指し、初心を忘れることなく、向上心を持って勉学に励みます」と誓いの言葉を述べた。渡邊君は宮城県南三陸町出身で、4年前の東日本大震災で被災に遭い、本学の歯科医療支援活動に感銘を受け、本学を志望した。
入学式終了後には校友会・父母会主催の「新入生歓迎会」が学生ラウンジにて開催され、法人役員、教職員らが入学を祝った。

講堂で挙行された入学式

矢ヶ﨑理事長のあいさつ

歯学部新入生を代表して宣誓する渡邊君

新入生歓迎会で激励する飯島常務理事・特命教授