この項目のトップへ戻る

硬組織疾患制御再建学部門 硬組織形態解析学

硬組織形態解析学ユニット

本研究ユニットでは、硬組織の生理的あるいは病的制御機構の解明、及び疾患により失われた形態と機能の回復・維持を図る再建法の基盤となる硬組織の組織・形態学的研究を遂行する。

また、硬組織研究の根源的課題である石灰化機構の解明を目指す。これらの研究を通して、硬組織疾患の発症機序の解明と治療指針の基礎を確立する。本研究ユニットでは、以下の4つの課題を研究する。

1. 硬組織の石灰化機構の解明
2. 骨代謝疾患や先天性骨格異常の解明
3. 骨吸収と骨形成を結ぶカップリング因子の解析
4. 骨・歯の発生機序の解明