この項目のトップへ戻る

衛生学院の概要

松本歯科大学衛生学院の特色
● 歯学部教員による徹底した少人数教育
● 最高水準の機器やシステムを活用して行われる実践教育
● 本学病院・心身障害者施設等での豊富な臨地実習
● 歯学部と合同で行われるクラブ活動や学園祭
● 歯科衛生士国家試験合格率100%
● 学生数を大きく上回る求人数
● 医療事務(歯科)、介護職員初任者研修の資格取得も可能

歯科衛生士ってなに?

口腔健康管理のスペシャリスト

歯科衛生士は、単なる歯科医師のアシスタントではありません。
歯石除去、ブラッシング指導、栄養・食事指導などを行います。患者さんの口腔内(口の中)の保健や衛生面の指導、教育、相談等をしながら、人々の健康保持につとめています。
また、患者さんが安心して治療を受けられるようにと気を配ったりもしています。
歯科衛生士は口腔の健康を守るスペシャリストなのです。
また、高齢社会を迎えて、歯科衛生士は福祉の分野での関わりも強く求められています。

女性に向いている職業です。

歯科衛生士には、夜勤がありません。そのため、自分の生活を大切にしながら仕事ができます。
また、家庭をもった後でも資格を生かして働くことができます。

どんな仕事をするの?

虫歯と歯周病を予防します

高齢社会を迎え、むし歯や歯周病を未然に防ごうという意識が高まってきています。
歯科衛生士は、口腔清掃、スケーリング(歯石除去)、フッ素塗布などの”予防処置”を行い、健康な歯と歯肉を守っています。

口腔内の健康について指導します

歯科衛生士はブラッシング指導、栄養・食事指導などの”保健指導”を行います。
口腔内の健康や衛生面の指導を通して、身体の健康を保つことも歯科衛生士の大切な仕事です。

歯科医師をサポートします

歯科医師がスムーズに手ぎわよく治療を行えるように診療の補助をします。
診療用器具の管理や準備をしたり、歯科医師のアシスタントをします。

どうすればなれるの?

専門の養成施設に入ります

国家試験に合格したら、歯科衛生士です

歯科衛生士は厚生労働大臣が与える国家資格です。
本学院で知識や技術を身につければ、必ず国家試験に合格できます。また、例年卒業生数を越える求人が寄せられ、数多くの本学院卒業生が歯科衛生士として、活躍しています。