診療科案内 医科診療部

小児科

診療内容・案内

こどもの特性を踏まえたうえで、標準的なプライマリーケアを提供します。
とくに、1)感染症2)貧血などの血液疾患3)低身長など内分泌疾患4)アレルギー疾患 の診療に対応します。専門診療が必要な場合は、近隣の病院における専門医と連携しつつ診療を行います。

スタッフ紹介

医師

塩原正明
(科長/日本小児科学会 小児科専門医、日本血液学会 血液専門医, 血液指導医、日本小児血液がん学会 小児血液がん専門医、暫定指導医、日本がん治療認定医機構 がん治療暫定教育医、日本内分泌学会 内分泌代謝科(小児科)専門医)

その他

【沿革】

2014年4月 新設

低ホスファターゼ症について知ってください

低ホスファターゼ症(英語名:HypoPhosPhatasia)は、遺伝子の変異によって、強く健康な骨を作るために必要なアルカリホスファターゼ(ALP)という酵素の働きが悪くなったり、働かなくなったりするために起こる病気です。
この病気の啓発に努める塩原教授と小児歯科学講座・大須賀直人教授が話した記事が雑誌に掲載されております。
詳細は以下リンクよりご覧ください。