診療科案内 医科診療部

内視鏡センター

診療内容・案内

便秘、下痢、腹痛、腹部不快感などの腹部愁訴のある方や、検診で指摘された胃や大腸の2次検査依頼の方に、通常診療のほか内視鏡検査やCTなどの放射線検査を付加しながら、診断と治療を行います。

臓器としては、食道から胃、十二指腸、大腸、肛門までの消化管、また肝臓、膵臓、胆嚢や胆管の疾患の診療です。外科的治療が適応外の消化器癌に対する化学療法や緩和医療も行っています。

予防活動として、口腔がん、食道癌(肺癌、膀胱癌)の予防としての禁煙指導と禁煙治療、胃癌の予防としてのピロリ菌除菌を実施しています。

患者さんの愁訴を十分に聴き、有効性のある適切な治療選択をモットーとして、必要に応じては消化器外科や専門病院に紹介いたします。

<消化器内視鏡について>
安楽な胃、大腸、膵胆管の内視鏡検査、内視鏡的治療をモットーとして、消化器内視鏡を実施しています。ルーチンの消化管病変に対するひろいあげ検査として、細型の内視鏡を使用して画像をデジタル化して評価しています。

経鼻胃内視鏡室では食道や胃などの上部消化管検査や内視鏡的切除術を、大腸内視鏡検査室では大腸、直腸などの下部消化管検査や内視鏡的切除術を行っています。

内視鏡的胃ろう造設術の施行のみでなく、胃ろう交換、胃ろう管理にも対応しています。

スタッフ紹介

医師

前島 信也(科長/日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医)
植田 健治(非常勤)

その他

【沿革】

2008年4月 新設