この項目のトップへ戻る

研修プログラム 目標

本プログラムは、厚⽣労働省の提⽰する臨床研修理念に基づき、臨床研修⽬標を以下のとおりとする。

1. ⻭科医師として好ましい態度・習慣を⾝に付け、患者やその家族とのよりよい⼈間関係を確⽴する。

2. 全⼈的な視点から得られた医療情報を理解し、それに基づいた総合治療計画を⽴案する。

3. ⻭科疾患の予防および治療における基本的技能を⾝に付ける。

4. ⼀般的によく遭遇する応急処置と、頻度の⾼い⻭科治療処置を確実に実施する。

5. ⻭科診療時の全⾝的偶発事故に適切に対応する。

6. ⼝腔に関連した全⾝管理を含めた健康回復・増進に対応できる知識を⾝に付ける。

7. ⾃ら⾏った処置の経過を観察、評価し、その結果を診断と治療に常にフィードバックする態度・習慣を⾝に付ける。

8. 専⾨的知識や⾼度先進的⻭科医療に⽬を向け、⽣涯研修の意欲への動機付けをする。

9. ⻭科医師の社会的役割を認識し、実践する。