この項目のトップへ戻る

研修プログラム 管理・指導体制

1. 研修管理委員会

 研修実施にあたっては単独型と管理型相当大学病院である松本歯科大学病院において、病院統括者を責任者とし、研修管理委員長、プログラム責任者、副プログラム責任者、協力型臨床研修施設ならびに研修協力施設の研修実施責任者を中心として構成する研修管理委員会を設置する。本研修管理委員会は臨床研修の実施を統括・管理し、臨床研修プログラムを企画、運営すると同時に、指導歯科医から研修歯科医に対する指導内容や研修進捗状況について報告を受け、研修歯科医の勤務状況、健康管理、研修歯科医の評価等を行う。

2. 研修管理責任者

 病院統括者 矢ヶ﨑 裕

3. 研修管理委員長

 山本 昭夫

4. プログラム責任者

 プログラムⅠ    : 音琴 淳一
 プログラムⅡ    : 黒岩 昭弘
 プログラムⅡ(副) : 大須賀 直人

5. 副プログラム責任者

 鷹股 哲也
 倉澤 郁文
 吉成 伸夫
 羽鳥 弘毅
 安西 正明
 石原 裕一
 中本 哲自
 芳澤 享子
 澁谷 徹
 藤木 知一
 小笠原 正
 山田 一尋
 正村 正仁

6. 松本歯科大学病院指導歯科医

 70名 (2017年度)

7. 指導体制

 研修歯科医の研修指導は研修分野に適応する指導歯科医が行う。指導の方法は形成的研修方法で行い、指導歯科医は研修歯科医の研修進捗状況を常に把握し、(副)プログラム責任者に報告すると同時に、両者で連携を図りながら研修歯科医が到達目標を達成できるように指導、管理する。

8. 研修の記録・評価方法

 研修歯科医は研修プログラム進行にしたがって、日々、研修手帳に病歴や治療内容などの要約を記入、記録し、指導歯科医はこれを点検後、押印する。指導歯科医は研修内容結果について、所定の評価基準にしたがって評価し、随時、研修手帳の評価欄に押印を行う。研修管理委員会において適時、研修歯科医の研修到達度を評価する。

9. 臨床研修修了の認定

 研修管理委員会において研修修了と評価したときは、その報告を受けて研修管理責任者(病院統括者)は、研修歯科医に速やかに修了証を交付する。