この項目のトップへ戻る

顎口腔機能制御学講座 生体調節制御学

教 授 : 北川 純一

研究内容

1. 神経障害性疼痛発症のメカニズム
2. 中枢神経系グリア細胞の活性化が関与する顎口腔機能変調のメカニズム
3. 嚥下反射誘発に対する嚥下中枢の役割
4. 「のどごし」の生理学的研究

教 授 : 澁谷 徹

研究内容

1. 三叉神経誘発電位による局所麻酔効果の判定
2. BIS(bispectrum analysis)モニタによる麻酔・鎮静深度の評価
3. 心電図R-R間隔の周波数解析による自律神経機能の評価

教 授 : 金銅 英二

研究内容

1. 顎顔面領域における痛覚伝達メカニズムの解明
2. 口腔顔面痛に対する治療薬と治療法の開発
3. 神経障害性疼痛の病態解明
4. 炎症・発痛時の細胞内情報伝達分子の動態

教 授 : 富田 美穂子

研究内容

1. fMRI解析による疼痛抑制機構の解明
2. 機械的侵害刺激による帯状回ニューロンの反応
3. 咀嚼機能不全が脳に及ぼす影響
4. アルブミン分子の酸化・還元状態の病態生理学

准教授 : 田所 治

研究内容

1. 頭頸部の臨床解剖学
2. 歯根膜上皮の形態構造学的解析
3. 口腔感覚の受容伝達に関する形態学的解析
4. 口腔上皮における内分泌細胞の形態構造学的解析
5. 内在性タンパク質のリン酸化および脱リン酸化による唾液腺機能調節の形態構造学的解析

講 師 : 谷山 貴一

研究内容

1. 静脈内鎮静法における鎮静深度の客観的評価法
2. 自律神経活動に対する精神鎮静法の影響
3. 局所麻酔薬が組織血流量に及ぼす影響