この項目のトップへ戻る

硬組織疾患制御再建学講座 臨床病態評価学

教 授 : 岡藤 範正

研究内容

1. 矯正力による歯の移動に伴う歯槽骨改造過程
2. 顎骨延長術における移動様相と骨形成メカニズムの解明
3. rhBMP-2による顎骨欠損部再建の形態学的解析
4. 顎骨欠損部再建過程におけるμCTを用いた三次元構築

教 授 : 田口 明

研究内容

1. 歯科用X線写真を用いた骨粗鬆症自動スクリーニングシステムの開発
2. 歯科用X線写真による動脈硬化早期診断システムの構築
3. 顎骨の三次元的骨梁構造に及ぼす遺伝の影響に関する研究
4. 超音波による新規顎骨骨質評価システムの開発
5. 骨粗鬆症と梗塞性心臓血管病変との関連に関する研究
6. 歯科医院における骨粗鬆症スクリーニングのための国際統一基準の確立
7. 骨粗鬆症スクリーニング遠隔教育システムの構築
8. 骨粗鬆症治療薬が顎骨骨梁構造に及ぼす影響の三次元的画像解析

教 授 : 山田 一尋

研究内容

1. 歯科矯正治療の効果に関する研究
2. 歯科矯正治療と顎機能の関連に関する研究
3. 顎関節病態と顔面形態の関連
4. 突発性下顎頭吸収に関する研究
5. 他科(歯周病、唇顎口蓋裂、インプラント等)との学際的な治療効果に関する研究

准教授 : 内田 啓一

研究内容

1. 歯科用液晶読影システム開発のための研究 -エックス線画像の比較評価-
2. ハイブリッド型CD-ROMによる歯科放射線画像診断システムの開発
3. 無線LAN構築によるデジタルX線画像のネットワーク配信システム
4. 教育用情報Webシステムの構築と応用
5. 歯科用X線写真を用いた骨粗鬆症自動スクリーニングシステムの開発

准教授 : 影山 徹

研究内容

1. 歯科矯正治療の効果に関する研究
2. 歯科矯正治療と生体反応との関連に関する研究
3. 顎関節形態と顔面形態に関する研究
4. 歯科矯正用固定源(アンカースクリュー)に関する研究
5. 歯科矯正治療の痛みに関する研究