2007年卒業

歯科医療で地域社会に貢献

笠原隼男〔出身:長野県〕

松本歯科大学の歯科補綴学講座に勤務して、患者さんの歯科治療や歯学部学生の実習指導、および臨床研究を行っています。大学での学びは臨床に直結する内容だったので、診療の際にはこのうえない助けとなりました。

長野県は長寿日本一の県として知られ、高齢者の方々が多くなってきていますが、健康で長生きするためには健康な歯が大切です。診療したお年寄りから「歯を直してもらったおかげで、大好きな野沢菜がまた食べられるようになった」と、感謝されることがよくあります。これからも歯科医療人として地域の人々の健康長寿に貢献していきたいと思っています。

また日本補綴歯科学会や日本スポーツ歯科医学会などにも所属していて、そうした学会で研究発表を行うこともあり、自分の研究が将来的に歯科医学の発展に寄与できることにもやりがいを感じます。

今後は知識・技術をさらに身に付けて、患者さんの心のよりどころとなれる歯科医師になることが目標です。

大学受験を間近に控えた高校生のみなさんは、希望や不安が入り乱れて大変な時期だと思いますが、自分の進むべき道を見つけてください。そして歯学に興味があれば、ぜひ松本歯科大学の一日体験入学に参加してほしいと思います。

2013年卒業

信州は大切な第二のふるさと

杉本有加〔出身:大阪府〕

私は松本歯科大学で6年間、臨床における基礎知識から患者様への対応の仕方などさまざまなことを学び、歯学と医学は密接に関係していて歯科医療が健康長寿社会に果たす役割が大きいことを実感しました。

信州の自然豊かな環境の中で、単科大学ならではのアットホームな校風も手伝って、溌剌として勉学に励むことができました。部活は弓道部に所属していました。長野県は弓道が盛んで関連施設も多く、他大学との交流もあって、楽しく真剣に取り組むことができ、大学生活がよりいっそう充実したものになりました。そうした思い出がいっぱい胸の中にあって、私にとって信州は大切な第二のふるさとです。

2013年に卒業し、歯科医師免許を取得して、大阪歯科大学総合診療科にて研修修了後、現在は兵庫県宝塚市の歯科医院に勤務しています。食べものをよく味わって食べるという行為は人間の幸福につながるもので、それには口腔ケアが欠かせません。患者様に「ありがとうございました」と笑顔で言われると、歯科医師になって本当に良かったと思います。まだまだ勉強不足で出来ないこともたくさんありますが、大学で学んだことを礎に、少しずつ確実に成長していきたいと思っています。

在学生・卒業生からのメッセージ