この項目のトップへ戻る

専門教育科目(基礎講座) 口腔病理学講座

研究概要

我々の主な研究テーマは、(1)腫瘍性病変、(2)粘膜病変、(3)顎顔面の発生 などである。開講以来、歯科用薬剤の生体反応あるいは生体材料の応用に関する研究、口腔あるいは全身諸臓器の病変で見られる異所性石灰化・骨あるいは軟骨形成性の病変を行ってきた。現在は、口腔粘膜から発生する扁平上皮癌、特にその前癌病変である上皮性異形成症の生物学的特徴を研究し、客観的な診断法の確立を目指している。また、側方拡大型腫瘍のモデルとして大腸の側方拡大型腫瘍の生物学的特徴についても研究を続け、その性質の一端を明らかにしてきた。また粘膜病変についても前癌病変との鑑別が問題となる為、比較検討対照としている。現在、口腔粘膜学会と臨床口腔病理学会の共同研究の委員として口腔扁平苔癬の診断基準の確立にも取り組んでいる。昨年から、唾液腺腫瘍、特に腫瘍性筋上皮細胞の生物学的特徴に関する研究にも着手している。顎顔面の発生については関節頭や頭蓋底などの形成過程における遺伝子発現やタンパク質の局在に関する研究を行っている。

研究に関するお知らせ

口腔病理学講座では、人を対象とする医学・歯科医学の研究をヘルシンキ宣言の趣旨に沿って行っております。これらの研究で用いられる試料等の取扱いについては、倫理審査委員会の厳正な審査を受け、試料等の提供者(または代諾者等)から文書で同意をいただくことを原則としております。しかし、すでに診療が終了して患者様が来院されないなどの場合には、文書による同意を受けられないことがあります。このような場合には、「試料等の研究目的利用に関する不同意書」を提出されていない患者様の試料等に限って(以下、便宜的に「包括同意」と表記します)、倫理審査委員会による厳正な審査、承認を経て利用することがあります。
「包括同意」に基づいて利用する試料等については、文書による同意を受けられないため、提供者あるいは代諾者に使用についてその都度お断りをすることが出来ません。しかし、試料等の使用を拒否することはいつでも可能です。そこで、倫理委員会で承認された研究の中で、包括同意に基づいて試料等を利用している研究の研究課題、研究内容、試料等が採取された時期などの情報を公表しています。ご自身の試料等が掲載されている研究に利用されている可能性があり、その利用を拒否したいなどの場合、お手数ですが下記にご連絡ください。

【お問い合わせ先】
松本歯科大学口腔病理学講座
〒399-0781長野県塩尻市広丘郷原1780
電話 0263-51-2093

講座の沿革

当講座は、大学開学2年後の1974年4月、枝 重夫教授が東京歯科大学より赴任し開講された。その後26年間、助教授として川上敏行先生(現総合歯科医学研究所教授)、中村千仁先生(現非常勤講師)、他多くのスタッフが研究・教育あるいは診断業務に尽力された。1999年に前教授が退職し、2000年6月から長谷川博雅教授が就任し、同年7月から病院の診断部門として検査科病理(現 病理検査室)が新設され、検査技師が配属になり、現在に至っている。

病理検査室

病理検査・セカンドオピニオンにも対応していますので、病理検査室(0263-51-2218)あるいは口腔病理学講座(0263-51-2093)にお問い合わせください。
病理検査をご依頼される際は検査材料申込書を下記よりダウンロードし、必要事項を記入のうえ検査検体と一緒に郵送してください。また、口腔内写真とエックス線写真を下記メールアドレスに送信願います。
e-mail: info_byorik@po.mdu.ac.jp

スタッフ紹介

教授:長谷川 博雅
講師:落合 隆永
助教:嶋田 勝光