この項目のトップへ戻る

教養教育科目 体育

沿革

1972年4月、大学開学と同時に信州大学教授であった、久保田畔夫が初代体育学教授として着任し、第1回入学生から体育実技、体育理論講義を担当した。
同年4月より井出安生が助手として入室。

1973年4月より斉藤伝が非常勤講師として1978年3月まで体育実技を担当した。

1975年4月に井出安生助手が講師に昇任、同年4月、青山良成が助手(B)として入室。1977年4月に青山良成助手(B)が助手(A)に昇任。

1978年3月に1期生卒業を機に久保田畔夫教授が定年退職。同年4月より、井出安生講師が体育実技、体育理論講義を担当し、1980年4月に助教授(2007年に准教授へ名称変更)に昇任。

1982年4月青山良成助手が講師に昇任。

2010年8月井出安生准教授が退職。

2016年10月青山良成講師が准教授に昇任。

業績

1)久保田畔夫,青山良成:本学における体力測定結果の考察及び測定法(第1報),体育研究室1-23,1976.
2)久保田畔夫,青山良成:ランニングサークルの意識調査について,体育研究室1-16,1976.
3)久保田畔夫,青山良成:本学における体力測定結果の考察及び測定法(第2報),体育研究室1-20,1977.
4)井出安生:腰痛に対する運動処方,松本歯科大学紀要2;25-37,1973.
5)井出安生:歯科医の脊柱側弯と健康障害、日本体育大学会長野支部1974,日本体育学会第27回大会(仙台),1976.(学会発表)
6)井出安生:疲労回復のための積極的休息法,松本歯科大学紀要3;16-25,1974.
7)井出安生:受験体操(頭の良くなる受験体操),松本歯科大学夏季講習会,1976.
8)井出安生:老化防止・体力維持に関する運動健康法,松本歯科大学紀要5;76-86,1976
9)井出安生:健康・体力づくりの運動処方,松本歯科大学紀要6;30-38,1977.
10)井出安生:歯科医師の診療姿勢からくる健康障害とその予防法,松本歯科大学紀要7;51-64,1978.
11)井出安生:住民の健康意識調査-於南安曇郡三郷村野沢地区,松本歯科大学紀要8;51-65,1979.
12)井出安生:運動不足について,松本歯科大学紀要9;79-87,1980
13)井出安生:体力づくりの心構え,松本歯科大学紀要10;106-113,1981.
14)青山良成:Fジムでの30分間トレーニング法,体育研究室1-6,1975.
15)青山良成:大学生を対象とした水泳に関する調査,松本歯科大学紀要9;89-92,1980.
16)青山良成:体育・スポーツ事故における法的責任,松本歯科大学紀要10;114-118,1981.

スタッフ紹介

准教授:青山 良成

教養教育科目